芝生の植え方

①芝張りに適した場所と時期

場所

芝生は日当たり、水はけ、風通しが良いことが条件です。howto_plant_top_photo_01

特に、日当たりが十分あるということが重要で、4~5時間(半日程度)の日当たりが必要です。日陰が多い場所や、じめじめとして水はけが悪い場所は避ける必要があります。


時期

植え付けの一番のオススメ時期は3~5月末(梅雨前まで)です。

芝生の活動が開始する時期ということと、梅雨までに植えつけると水やりの管理が楽になることがこの時期が適している理由です。

次に秋植えである9月下旬~10月末の植え付けは可能ですが、芝生の活動が止まり、長い期間芝生の上を歩けないことが欠点となります。根がしっかりと張っていないうちに上を歩きますと芝生にダメージを与えます。涼しくなってからすぐの初秋に植え付けすると根付きがいいのでオススメです。6月下旬~9月上旬頃は植え付けに不向きな時期です。雨が少ないときは水やりの必要がありますし、暑い時間に水やりすると蒸れて枯れる原因になりますのでご注意下さい。

 

②床土の準備

1.雑草を除去する

表面の雑草を削り取るように除草してください。地下茎で増える雑草(スギナ)などが生えているところでは、できるだけ地下茎を取り除くことをオススメいたします。

howto_plant_block1_photo_01



2.地面を耕す

深さ20~30cm耕します。雑草や石がある場合は取り除きましょう。芝を張る真下に石があると生育不良になる場合があるため、可能な限り取り除いてください。

※30cm程度穴を掘って水が染み出る場合や、掘った穴に水を流し込んでも水はけがよくない場合は芝張りに適しません。粘土質は土が固くなるため水の染み込みが悪くなり、根の伸びも妨げられます。その場合は芝生の目砂を混ぜ土壌の改良を行う必要があります。その他、芝張りに最適な芝生の床土も取り扱っております。

肥料は特に混ぜる必要はありません。肥料は芝張り後に与えます。

howto_plant_block1_photo_02



3.ゆるい傾斜をつける

水たまりができないように庭の外側に向かってゆるい傾斜をつけましょう。

できるだけ一方向に流れるようにするとよいです。

howto_plant_block1_photo_03



4.平らにする

均等に芝生を張るために、レーキなどの道具を使用して凹凸ができないようにします。土の固まりが残っている場合は、できる限り砕くようにしてください。平らにすることで芝生を綺麗に張ることができ、完成後の見た目も良くなります。

howto_plant_block1_photo_04


③芝生を張る

howto_plant_block1_photo_05

1.しっかり散水する

芝張り前に散水することで床土が馴染み、芝生の根が水を吸収しやすくなります。

オススメの散水用品はこちら



howto_plant_block1_photo_06

2.芝生を並べる

構造物に合わせて芝生を並べます。芝生をカットしたい場合は、大きめのカッターナイフを使用し上から押さえつけるように力を入れれば比較的容易にカットできます。

オススメの芝生カッターはこちら



howto_plant_block1_photo_07

3.芝生と床土が密着するように、しっかりと踏みつける

特にマットタイプの芝生は1枚が小さく軽いため、上から細かく踏みましょう。



howto_plant_block1_photo_08

4.目土(目砂)を均等にかける

葉先が見えるくらいが目安です。目土が均等になるようホーキで広げ、手の平で円を描くように芝生の隙間に目土を入れます。目地部分は隙間ができやすいため特に乾燥しやすくなります。多めに目土を入れてください。

※目土は乾燥から芝生を守る重要な作業です。必ず行うようにしてください。

オススメの芝生の目砂はこちら

オススメの芝張り道具はこちら



howto_plant_block1_photo_09

5.たっぷりと散水(水やり)をする

目土が流れない程度にたっぷりと散水し、水がいったんしみ込んだら再び散水します。水浸しになるくらいまで散水を繰り返すことで芝生の根まで水が行きわたります。芝生が乾かないように 芝張り後1ヶ月間程度は毎日散水してください。



howto_plant_block1_photo_10

6.約1ヶ月間ほどは芝生を利用しないようにする

芝生の根が定着するまでに頻繁に踏み入れると芝生の負担になります。ホースで散水する場合はできるだけ芝生を踏まないようにしましょう。自動潅水装置や散水チューブを利用すると大変便利です。



howto_plant_block1_photo_11

7.葉の長さが50mm程度になったら一度刈りこむ

芝張りして約1ヶ月後が目安です。1ヶ月経っていない場合でも、軸刈り(生長点のある茎の部分も刈ってしまうこと)を避けるため、葉の長さが長くなったら刈りこむようにしましょう

オススメの芝刈り機はこちら



howto_plant_block1_photo_12

8.均一に適量の肥料を与える

1㎡あたり1握り(20グラム~30グラム)が目安。芝生が伸びている場合は肥料が葉と葉の間に入りにくいため芝刈後に与えましょう。芝張り前や芝張り後すぐに肥料を与えると、床土に残っていた雑草も生長してしまうため、約1ヵ月後に与えることをオススメしています。

※降雨直後で葉が濡れているときは葉の表面に肥料が付着しやすく、付着部分で肥料焼けを起こすため施肥を行わないでください。

オススメの芝生の肥料はこちら



目土のポイント! 根の乾燥を防ぎ根付きやすくします!

目土は水はけが良いものを!

目土は芝生専用の土(砂)を使用しましょう。

砂を主体とした水はけがよいものを選ぶとよいです。

目土はしっかりと!

葉と葉のすき間にしっかりと目土を詰め込みます。ふるいやホウキを使うと均等にかけることができます。

芝生の葉先が見える程度に目土をかけます。目土をかけ終えたら、手のひらで円を描くように目土をすり込みます。

目土は時期に応じた量を!

(春、秋植え付けの目土の量)

緑の部分(葉)が3分の2残る程度に目土してください。

もし、入れすぎた場合は芝をひっぱってやると土が沈みますので、調整してください。

(冬植え付けの場合の目土の量)

休眠状態ですので、土の量は春や秋よりも多めでも大丈夫です。雨が降ると土が沈みます。


howto_plant_block1_point_photo_01

芝生の目砂

粒子が細かく粒の大きさが揃っており、芝生の密度が高いグリーンにも馴染みます。

商品情報はこちら

howto_plant_block1_point_photo_02

ウルトラ強靭ソフト

プラスチック製で毛先のコシが強く葉と葉の隙間に目土が入りやすい。

商品情報はこちら



芝張りの目安

つくる芝庭の広さだけでなく、芝生の張り方によっても必要量が変わってきます。

芝張りの基本は、レンガを並べるように張ることです。その張り方によって後の管理が重要となります。

howto_plant_block2_photo_01

植え付けの目地(間隔)を広くすることで費用を安く抑えられます。ただし、隣の芝生とくっつくまでに時間がかかりますので、草取りが大変です。
また、芝生が全面を覆うまで時間がかかるので、長い期間芝生の上を歩くことは控える必要があります。

howto_plant_block2_photo_02

植え付けの目地(間隔)を狭くすることで隣同士の芝生が早くくっつき早く芝生の上を歩くことができるようになります。また、早く隣の芝生とくっつくため雑草の侵入が少なく、草取りが楽になります。

ただし、目地を狭くするため費用がかかります。


howto_plant_block2_photo_03

植え付けの目地(間隔)を狭くすることで隣同士の芝生が早くくっつくため雑草の侵入が少なく、草取りが楽になります。また、芝生と芝生が早くくっつくため見栄えがよくなります。
ただし、目地を狭くするため費用がかかります。

当店のオススメは目地を無くした全面張り!

howto_plant_block2_photo_04

目地を無くすことで、雑草の発生を少なく抑えることができ管理が楽になります。

また、芝生の庭が早く完成するので、早く芝生の上を歩くことができます。

面積の小さな家庭の芝生づくりの場合は、時間のかからない全面張りがオススメです。


howto_plant_block2_photo_05

悪い例(十文字張り)

目地が水の通り道となってしまい、床土が流れやすくなりますので避けてください。

レンガを並べるように張ってください。


そのほかの張り方

howto_plant_block2_photo_06

① 目地張り(85%)

芝生と芝生の間を少し開けて張る方法で、一般的に多く使われている方法です。

1㎡あたり張り芝が8枚必要になります。目地が完全に埋まるまで約1年を要します。


howto_plant_block2_photo_07

② 市松張り(50%)

市松模様に張る方法。1㎡あたりの張り芝枚数は全面張りの半分。

低予算でできますが完成まで相当な時間(約2年~3年)を要します。


yearschedule_photo_16

芝生 カタログ育て方 無料請求

FAX用注文書をダウンロード

ショッピングカート

合計数量:0点

合計金額:0円

カートを見る

生産農家より直送だから新鮮で長持ち!私がお勧めします!店長ブログ

私達がお届けします

芝生の育成から芝生の管理、切り出し、出荷に至るまで一貫して行っている芝生生産農場です。良質な芝生をご提供できるように、大型機械を導入し、定期的に管理を行い、雑草や病害虫のない芝作りを目指しています。

全国各地の産地から良質な苗をお届けします!

生産農場の放射能測定結果を公開

ログイン

私達がお答えします!

株式会社白崎コーポレーション

〒916-0076
福井県鯖江市石生谷町11-23

[営業時間] 月~金9:00~17:00
土・日・祝日はお休みです。

TEL 0120-717-483

FAX 0120-717-433

芝生について
ご質問・お問い合わせは
お気軽に

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

0120-717-483

受付時間/平日9:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

2017年11月の営業日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の営業日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

本日

休業日

人工芝専門店

芝桜専門店

ウッドチップ専門店

防草シート専門店

イルミネーション専門店

農地水保全管理の専門店

緑地雑草科学研究所

ご注文の流れ

お客様

当店へご注文
いただきます

電話:9:00~17:00受付
※土日祝日を除く
FAX:24時間受付
インターネット:24時間受付

当店

ご注文確認の
メール・FAX送信

詳しくはご注文方法を参照ください。

お客様

ご請求額の
お支払い

ご希望の決済方法で、ご請求額をお支払いください。詳しくはお支払い方法をご参照ください。

当店

お振込み確認
お届け日の連絡

お振込み確認後、お届け日をご連絡いたします。

当店

商品発送

最短で営業日正午までにご入金が確認出来たご注文は、翌営業日に出荷いたします。営業日正午以降ご入金確認が出来たご注文は2営業日に出荷いたします。(詳しくは、商品の発送を参照)

お客様

商品のお届け

お手元に商品が届きましたらすぐに商品を確認してください。

お買い物ガイド

送料について

送料は商品価格に含まれています。

ただし、ご注文商品・お届けする地域によっては、ご注文金額に応じて別途追加送料がかかります。詳しくはこちらをご確認ください。

お届けについて

■お届け日

お届け日を必ずご指定ください。お客様のご指定日にお届けできるよう発送手配を致します。詳しくはこちらをご確認ください。


■お届け時間の指定

時間帯の指定は出来ません。
お届け時間のお約束はできません。あらかじめご了承ください。

返品について

■返品・交換について

商品によって、返品条件が異なります。

詳しくはこちらをご確認ください。


■返品送料について

注文と異なる商品が届けられた場合、発送時原因による商品の破損等が発生した場合の返品送料は、当店負担とさせていただきます。

お支払いについて

■クレジットカード 手数料当店負担

下記のカード会社がご利用いただけます。


■銀行振込 振込手数料お客様負担

当店指定の銀行口座に代金をお振り込みいただき、入金確認後お客様に連絡を差し上げ、商品を発送致します。

<振込み先>

銀行名:楽天銀行(旧イーバンク銀行)

支店名:ジャズ支店

口座名義:カ)シラサキコーポレーション

口座番号:(普通)7042451


【領収書について】

領収書がご必要な場合はご連絡ください。ご注文の際の「備考」の欄に「領収書希望」とご記入いただければ、別途郵送にてお送りさせていただきます。